可視化装置 水中超音波シュリーレン装置

光学的可視化法で音場に影響を与えない

超音波は産業界、医学界で広く利用されており、その技術の高精度化や新しい用途の開発などが求められています。これに伴って基礎的な超音波の発振状態、屈折また回折などの伝搬評価の必要性が再認識されています。従来より、音場に影響を与えない光学的可視化にシュリ-レン法が使用されてきました。
本装置は一筺体にパルス光源、シュリ-レンレンズ、CCDカメラなどを搭載して一体化したもので、使用前の組立や予備調整を行わずに、容易な操作で即、使用できます。測定面積は直径10cmです。高精度なシュリ-レンレンズなどの光学素子を使用しており、感度がよく微弱な音場の検出が行えます。

※測定面積φ150mm、200mmも製作致します。詳細はお問合せ下さい。

特徴

ポイント ■光学的可視化法で音場に影響を与えない
■設置面積は事務机程度でコンパクト
■予備調整不要、容易な操作で使用できる
■パルス光源、遅延装置を搭載、超音波発信パルスと同期のとれた観測がでる
■高精度なシュリ-レンレンズなどの光学素子を使用、微弱な音場の検出が行える

※別途専用の水槽の製作も可能
測定面積 φ100mm
シュリ-レンレンズ 有効径φ100mm

製品情報

主な用途 ○衝撃波の観測
○衝撃波の観測、燃料噴霧、燃焼観測
○衝撃波の観測、燃料噴霧、燃焼観測
○ガス噴流、シールドガス流の観測
○伝熱・対流の可視化
○液体・気体の拡散観測
○界面現象の観測
○材料均質性の検査
○水中超音波の可視化
○水中超音波の可視化
○成長層の可視化、材料均質性の検査
○脈理検査、材料均質性の検査
○平面検査

製品仕様

光源 Xeフラッシュ光源
発光周波数 1~441Hz(レンジ切換)
閃光時間 1~6μsec以下(レンジ切換)
遅延装置 デジタルリターダ FG-310
遅延時間 1~999,999μsec 1μsecステップデジタル設定
入力信号 ■0.5~10Vp
■パルス幅10μsec以上
■入力インピーダンス約10kΩ
検出部 暗視野測定用ダークポイント
CCDカメラ モノクロ2/3インチ
モニター モノクロ14型
外観寸法 約W960×H670×D650mm